採用されるポイント

司法書士事務所の求人を見て応募したい、また実際に面接が決まったが、採用されるにはどのような点に注意すればよいのか。本ページでは、そのポイントを書類編と面接編に分け、良い事例と注意すべき点を列挙しました。これまで数々の書類選考と面接への同席を行なってきた、当社ならではの事例もあるかと思います。転職・就職サポートページと合わせて、参考にしてみてください。

書類編

履歴書の写真

写真の印象は非常に大事で、書類選考を左右する重要な要素です。いいイメージを持ってもらうことで、書類の通過率が変わってきます。スーツを着用した状態で撮ることはもちろん、姿勢が崩れていないか、目つきが悪くなっていないかという点にも注意をしましょう。最近はスピード写真の画質もきれいになってきておりますが、できれば写真館などプロに撮ってもらったものを使用しましょう。

丁寧に字を書くこと

最近では、PCで作成したものを印刷する、メールにて書類を添付するという機会が増えましたが、直筆の履歴書の提出を求められるケースもあります。その際に見ているポイントとしては、「字が丁寧にしっかりと書けているか」という点です。達筆に越したことはないのですが、しっかりと書けているかがポイントとなります。字に自信がない場合でも、楷書で丁寧に書きましょう。

趣味・特技欄の記載の工夫

司法書士事務所は企業に比べ、人数が少ないため、スキル以上に人柄を重視する傾向にあります。
面接では、応募者の人柄を知るため、趣味や特技の欄を見ています。先生と趣味が合い、話が盛り上がれば、採用に傾くこともありますので、是非工夫をしたい項目です。
(例)趣味が読書の場合、「読書(主に歴史小説)」といったように、話題のきっかけになる記載が望ましいです。

志望動機欄

できる限りオーソドックスで簡潔な内容で記載をしましょう。また、内容を考える際に、「事務所への貢献」という切り口で考えてみて下さい。その上で、謙虚な姿勢を打ち出すとより印象が良くなります。「勉強で得た知識をより明確にするため、実務を経験したい」といったような内容はあまり好ましくありません。

文章が簡潔にまとまり読みやすい

これまでの経歴や自己PRといった文章が適度な分量で書かれ、まとまっていて読みやすいと好印象です。文章をまとめる構成力、端的に相手に伝えられる論理力が試される部分でもあります。「■」や「●」、「・」といった記号を用いて、文章をまとめると効果的です。

 

 

   <注意すべき事項>

ケアレスミスに注意

誤字脱字はないか、フォントの種類がバラバラ、大文字・小文字が混在していないかなど注意しましょう。また履歴書・職歴書で西暦と邦歴が混在し、数字が間違っている等のミスにも注意しましょう。司法書士事務所は書類を扱う仕事になりますので、応募書類に関しては、注意深く見られていることを意識してください。修正液を利用するのは厳禁です。

連絡先のメールアドレスについて

不適切な内容、または幼い印象を与えてしまうアドレス名ではないか、注意しましょう。アドレスの印象ひとつで評価を下げてしまう可能性があります。

 

司法書士事務所の履歴書・職務経歴書の書き方はこちら

 

面接編

清潔な身なり

スーツやシャツに皺はないか、靴は清潔でかかとが減りすぎていないか、香水の匂いは強すぎないか、タバコの匂いはしないか、派手な装飾品はつけていないかなど、基本的な部分ですが、意外にできていない方が多くいます。家を出る前にチェックしましょう。

しっかりと挨拶をすること

面接では初対面の印象が非常に重要です。その印象で面接がうまくいくか、いかないかが決まってしまいます。まずは冒頭に、面接いただいたお礼の言葉と自分の名前をお伝えしましょう。
(例)「●●と申します。本日はお忙しい中、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。」

経歴の説明はわかりやすく、簡潔に

履歴書、職務経歴書に沿った内容で、時系列にまとまっており、わかりやすいと非常に良い印象をもってもらいます。経歴の説明は自身のプレゼンテーションの場であり、コミュニケーション能力を見られていますので、しっかりと準備をしておきましょう。
また、社会人経験がある方は、これまでの経験職種や業界特有の専門語は使わず、わかりやすく噛み砕いた内容で伝えましょう。また、話が長くなり過ぎる傾向にありますので、2,3分程度で簡潔に説明できるよう、事前にまとめておくと良いでしょう。またその際に、履歴書、職務経歴書の補足説明があると尚良いでしょう。

素直であること

素直な回答をする方は好印象です。質問に対して、わからないことはわからないとはっきり言うなどした方が賢明です。これは、クライアント対応を任せた際に、「わからないことに対して、いい加減に答え、クレームになることはないだろうか」といった視点で見ています。

質問

質問が無いのは印象が良くないだけでなく、仕事への意欲を疑われてしまいますので、積極的にしましょう。内容としては、業務に関することが望ましいです。「入所後、どのような業務を担当するか」、「入所までに学んでおくべき知識、読んでおくべき書籍はあるか」といったような、前向きな内容にしましょう。待遇面や残業に関する質問が多いと、就業意欲を疑われてしまいます。気をつけましょう。

面接後

面接後には会釈をし、お礼をしっかりと言いましょう。「本日はお時間をいただき、誠にありがとうございました。」といったような内容です。近くまで見送ってもらった場合は、先生や採用担当者の姿が見えなくなるまで、その場を動かない方が無難です。また、名刺をもらった場合、お礼のメールをするとより好印象になるでしょう。

 

 

  <注意すべき事項>

携帯電話

面接中に着信音が鳴るのは、非常に印象が悪くなります。面接前に切っておきましょう。また、面接結果の連絡は携帯電話に来る事が多いと思われますが、コール音がメロディーコール等、音楽が流れるものについても、よい印象をもたれない可能性がございます。事前にチェックしておきましょう。

前職や現職の悪口を言う

退職理由を尋ねられた際に、所長や事務所の悪口に終始してしまうことが見受けられますが、非常に印象が悪くなります。また、特に現職中の方は、所内の秘密を漏らしてしまうことがないよう注意しましょう。

面接対策が足りず、回答が曖昧になる、話しが長くなる

現職中の方に多く見受けられるのですが、面接対策が充分でないために、面接に進んでもあいまいな回答に終始してしまうことがあります。伝えたい要点をまとめきれていないため、話しが長くなりがちです。こういった受け答えが続きますと、コミュニケーション能力を疑われてしまいますので、注意が必要です。

 

司法書士事務所の面接対策はこちら

ページのトップへ