電話での
ご相談・お問い合せ

03-6256-9822

受付時間 9:00~19:00(平日)

面接後の対応

面接終了直後

面接を通じて、その事務所に入所したいという意志が固まっている場合は、「是非貴所で働きたいと考えています。前向きにご検討いただければ幸いです。」といったように、先生や採用担当者に熱意を伝えましょう。
弊社では、これまで多数の面接に同席してきましたが、司法書士事務所側が採用の可否を判断する基準に、面接者の熱意が確実にあると実感しています。
面接者を採用するかどうか迷っていた場合も、熱意を感じて採用を決断したケースが多数ありました。
是非この点は実行してみてください。

面接後

面接した司法書士事務所で勤務したいと考えている場合、名刺をもらった場合はお礼のメールを、名刺をもらえなかった場合は、先生・採用担当者宛に面接の御礼はがきを出すと、より好印象を持ってもらえます。
この点も実行している方が少ないようですので、他の候補者と差をつけたいとお考えの方は是非実践してみてください。

面接後の注意点

採用の可否についての連絡は、メールもしくは携帯電話を通じてくることがほとんどです。その点で、注意いただきたい事項がありますので、下記に記載致します。

メールアドレス

長すぎるアドレス、ビジネス上不適切な言葉を使用している、幼稚な印象を与えるものなど、メールアドレス一つで、印象も変わってしまうことがありますので注意が必要です。
面接同席で実際に遭遇したケースですが、履歴書に記載されたアドレスがビジネス上不適切な用語を使っており、アドレスの由来について質問をされた際に、答えに窮してしまったことがありました。
就職活動用に覚えやすい簡潔なアドレスを取得してしまうのも一つのやり方です。

携帯電話

採用が決定した場合の連絡は、すぐに確定させたいということから、携帯電話に連絡がくることが多いようです。
その際、コール音がメロディーコールではなく、普通のコール音に設定しておいて下さい。先生や採用担当者の方は、様々な年代の方がおります。
そのため、メロディーコールについては好き嫌いがありますし、よい印象をもたれない可能性がございます。事前にチェックしておきましょう。

 

 

 

 

 

司法書士の就職・転職については、お気軽にご連絡ください

 

03-6256-9822

就職・転職サポートのお申し込み


株式会社リーガルブライト

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-7-1 喜京家ビル6階 電話番号:03-6256-9822

プライバシーポリシー

Copyright©Legal Bright Inc All Rights reserved.